テクスチャーと伸びチェック

毎日使うクリームだから、好みの使い心地にはこだわりたいものです。お肌に載せた瞬間とろける柔らかいクリームが好きな人もいれば、重ためのクリームじゃないと塗った気がしなくて物足りないという人もいます。あなたはどちら派?

肌ざわりと伸びをビジュアルでレポート

40代女性に人気のおすすめ基礎化粧品5種、花王アルブラン、リバリア、SK-II、ポーラB.A.、花王アルブラン、ドモホルンリンクルの保湿クリームを、カッティングボードにのせて、伸ばした時の柔らかさやテクスチャーを観察しました。

また、油分にふれると色が変わる脂取りフィルムに同量のクリームを広げて、色の変化やひろがり具合を撮影しました。

花王 ソフィーナ アルブラン 薬用エクストラクリエイト バイタライジングクリーム

花王アルブラン

花王アルブランのテクスチャーと伸び

 
ボードでの質感観察
こっくりとしていて、ちょっとだけ粘り気のあるさわり心地。
色は白と象牙色の中間くらい、香りは「昔ながらのクリーム」という感じの香りは、懐かしさを感じる人と苦手な人とで好みが別れそう。
指先ですくいあげると、生クリームをあわ立てたツノがちょっとだけできます。
脂取り紙での伸び観察
クリームを載せた場所に、素直にしみ込む感じです。

リバリア P-エマルジョン

花王アルブラン

リバリア P-エマルジョンのテクスチャーと伸び

 
ボードでの質感観察
とろとろで柔らかく、ボードにしぼり出した瞬間から流れるように広がります。
クリームよりも乳液に近い印象です。香りはほとんどありません。色は真っ白で、少し伸ばすと透明になります。
指先ですくいあげようとすると、もう指先にじわっとしみ込んで来ます。指先の温度で、肌ざわりが「とろとろ」から「さらさら」に、すばやく変わります。
脂取り紙での伸び観察
脂による色の変化が少なく、素直にしみ込む感じです。

ドモホルンリンクル クリーム20

ドモホルンリンクル クリーム20

ドモホルンリンクル クリーム20のテクスチャーと伸び

 
ボードでの質感観察
チューブから出した瞬間は絞り口の形ですが、ボードに載せた瞬間からやわらかく広がります。
さらっとした見た目の質感とは逆に、意外に脂の強い印象で、塗り広げた指先に膜が張ったような感触が残ります。
人によっては「青くさい」と評するハーブ系の香りとともに、使用感の好き嫌いは分かれるかもしれません。
脂取り紙での伸び観察
脂に反応して色が大きく変わり、ふれた時のちょっと脂の強い感触にも納得です。

SK-II スキン シグネチャー メルティングリッチクリーム

SK-II スキン シグネチャー メルティングリッチクリーム

SK-II スキン シグネチャー メルティングリッチクリームのテクスチャーと伸び

 
ボードでの質感観察
一目で他との違いが分かる、さくさくとした、特徴的なテクスチャーです。
ボードの上ではシャーベットのように固そうに見えますが、指先でふれると体温と出会って溶け始めます。

色はややパーリーな光沢のある白、香りは昔ながらのクリームという感じの香料の香りですが、ごくほのかなので、気になる人は少ないでしょう。

脂取り紙での伸び観察
さくさくした質感のわりに、意外にも脂に反応した部分のにじみが大きい印象です。

ポーラ B.Aシリーズ B.Aザ クリーム

ポーラ B.Aシリーズ B.Aザ クリーム

ポーラ B.Aシリーズ B.Aザ クリームのテクスチャーと伸び

 
ボードでの質感観察
他のクリームに比べて、黄色みのとても強い、見るからに「濃い」感じのクリームです。
ボードに載せると、ぽってりと盛り上がり「柔らかいのに重い」という印象。
指先で救い上げようとすると、ソフトクリームの先っぽのようなツノがちょっとの間できます。
指先で広げるとするすると広がっていきます。
香りは5つのクリームの中で1番強く、甘くて華やかなフルーツ系。好きな人と苦手な人がはっきり分かれそうです。
脂取り紙での伸び観察
すっと吸い込まれて、油分に反応した部分が濡れたように変化しています。

観察を終えて

というのが、ビジュアルとテクスチャーを一度に比べての結論でした。

写真と言葉だけでは、もちろんクリームのよさは伝わりませんが、綺羅星のごとく並ぶ高級スキンケアのどれを使おうか迷っている方に、ヒントの一つになれば嬉しいです。