しわ・たるみ・毛穴

40歳を過ぎると、ほうれい線のシワや毛穴が気になり始めます。年齢肌でたるんできたからと、諦めてしまうのはまだ早い!?

絶対知っておきたい、年齢肌の予防ノウハウ

年齢肌のメカニズムを知れば、予防策が考えられます。シワや毛穴の開き、たるみのないお肌を作るノウハウを調べました。

シワや毛穴の開きは、たるみが原因

シワや毛穴の開きの原因は、別々に考えられがちですが、実は両方ともお肌のたるみが原因です。お肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造からできていて、新陳代謝を繰り返しながら、お肌を保っています。

たるみの原因は、コラーゲンの減少や筋肉の衰え

加齢により、ターンオーバーがゆっくりとなると、真皮を支えているコラーゲンやエスレチンが減少してきます。そのため、弾力が失われてお肌がたるんでしまいます。また、皮下組織の下には、脂肪組織と筋肉がありますが、年齢とともに筋肉が衰えてきて皮膚を支えきれなくなり、たるんでしまいます。

すると、皮膚全体が引っ張られて下に伸びてしまい、毛穴やシワができやすくなるのです。

お肌に悪い影響を与える色々なこと

紫外線
紫外線を大量に浴びると、皮膚の内側の水分が失われてしまい、シワができやすくなってたるんでしまいます。
偏った食生活
食事が偏ると、スレチンやコラーゲンを生成する、栄養成分を摂取できなくなります。
喫煙や睡眠不足
喫煙もお肌に悪い影響を与えます。また睡眠不足も、お肌の成長ホルモンの活動が悪くなり、お肌に悪い影響を与えます。

表情肉を鍛えてリフトアップ

表情筋を鍛えると、たるみ予防につながります。口を大きく開けて、「あ・い・う・え・お」と発音しましょう。1日5~10回行えばOKです。

表情筋を鍛えると、お肌の細胞が刺激されて、コラーゲンやエスレチン、ヒアルロン酸などの生成が促されます。また、表情も豊かになるので毎日続けるといいですね。

お肌に欠かせない栄養素

お肌のうるおいに欠かせない、コラーゲンを含む食事をたっぷりと取りましょう。また、アミノ酸不足はシワシワお肌になり、タンパク質はお肌には、欠かせない栄養素です。

マルチビタミンミネラルも忘れずに摂取してください。また、効率よく栄養素を摂取するには、サプリメントで補うとより効果的。

背筋を伸ばしてお肌のたるみを防ぐ

全身の皮膚は、一つにつながっているため、姿勢が悪いとお肌がたるんできます。特に背中の筋肉や、首の後ろから肩の後ろにかけての筋肉(僧帽筋)が衰えると、肩こりやたるみの原因に。手のひらを組んだまま腕を上にあげて背筋を伸ばせば、上半身がすっきりして、肩こりやたるみ予防にもなります。

マッサージで年齢肌をいたわる

マッサージも、お肌のたるみを防ぐ効果的な方法です。40歳からのマッサージは、指の力を抜いて優しくソフトに、お肌をいたわるように刺激を与えて下さい。人差し指を鼻のわき位にぴったりと当てて、そのまま、お肌を引っ張りながら耳たぶの後ろまで動かして、最後に耳の後ろを強めに押だけでOKです。お手入れの後には、クリームで保湿するのも忘れずに。

ストレスを解消して毛穴の開きを防ぐ

強いストレスを受けると、男性ホルモンの働きが活発になって毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、毛穴の開きが悪化します。ストレスフリーの生活はムリかもしれませんが、自分なりのストレス解消法を見つけて、翌日に持ち越さないようにしましょう。

しわ・たるみの改善におすすめのクリーム3選