クレンジングと洗顔

スキンケアの基本は、何といってもクレンジングと洗顔です。特に40代からの年齢肌には、クレンジングと洗顔が若々しい美肌をつくる、鍵を握っています。年齢に応じた、効果的なクレンジング&洗顔について調べてみました。

洗顔とクレンジングの本当の目的

ただ習慣だから行うのではなく、目的を知った上でお手入れすることで、日々の効果の積み重ねが違ってきます。

洗顔で毛穴に詰まった汚れと、余分な皮脂を取り除く

洗顔はスキンケアの基本中の基本です。お肌はきれいに見えても、汗やほこり、皮脂などで汚れています。洗顔しないと、毛穴の中に汚れがたまり、お肌のざらつきやシミ、しわ、たるみといった、お肌のトラブルが現れます。その状態で基礎化粧水をつけても、深部まで成分が浸透しません。特に40代からのお肌は、加齢によりうるおい不足。化粧水の浸透力を高めるためにも、洗顔でお肌をきれいな状態にしてあげる必要があります。

クレンジングでお肌の酸化を防ぐ

洗顔とともに重要なのがクレンジングです。クレンジングと洗顔の大きな違いは、油性と水性。洗顔料は汗やほこり、皮脂、古い角質などの、水溶性の汚れを落とします。クレンジングでは、化粧下地やファンデーション日焼け止めなどに含まれている、油分を落とす作用があります。

油汚れは水に馴染みにくく、洗顔フォームでは落ちません。特に40代からは、毛穴に詰まったままにしておくと、酸化してお肌が老け込み、様々なトラブルが現れます。若々しいお肌を保つためにも、クレンジングでしっかり油汚れを落としましょう。

40代からのクレンジングの正しい選び方

40代からのお肌はゆらぎやすく、体調や環境などの影響で、変化しやすくなります。同じクレンジング剤でも、日によっては、お肌に合わない場合もありますので、お肌の状態を考えて使い分けましょう。

お肌の状態に合わせたクレンジングの選び方

クレンジングには、マイルドなジェルタイプや、クリームタイプ、ミルクタイプ、シートタイプ、洗浄力の高いオイルタイプなどがあります。

お肌が過敏になっている日
低刺激のジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプなどを使い、優しくソフトに汚れを落とすのがおすすめです。
お肌の状態が安定している日
優しくマイルドな、ミルクタイプのクレンジングがベストです。ただし、アイメイクなどのポイントメイクは、専用のリムーバーを使いましょう。
お肌の状態がベストの日
お肌のうるおいを作る、エストロゲンの分泌がよくなっているので、洗浄力の強いオイルタイプのクレンジングを使っても大丈夫です。

◆40代からの正しい洗顔料の選び方

洗顔料のタイプには、固形石鹸やパウダータイプ、洗顔フォム、クリームタイプ、泡タイプなどがあります。洗う時は、よく泡立てて、手のひらで包むように汚れを落とし、流水で石鹸成分をしっかり洗い流しましょう。

40代からの洗顔石鹸選びのポイント

お肌が敏感な時
お肌のバリア機能が低下しているので、洗浄力のマイルドな物を選びましょう。
角質ケアもしっかりしたい時
古い角質を取り除く効果の高い、酵素や泥、こんにゃくスクラブ配合タイプがいいでしょう。
お肌が乾燥している時
洗浄力が強いと、お肌をうるおわせる皮脂も奪われてしまいます。保湿成分を配合したタイプがおすすめです。

洗顔のあとはしっかり保湿!40代におすすめクリーム3選