乳液・クリームの選び方

毎日のスキンケアの仕上げに使う、乳液やクリーム。いろいろな種類があり過ぎて、どれを使ったらいいのか迷ってしまいそうです。そもそも、なぜ乳液やクリームが必要なのでしょうか。その理由や40代からの乳液・クリーム選びのポイントをご紹介します。

皮脂の働きを補うクリームと乳液

40代からのお肌は、加齢により皮脂分泌量が減少してきます。30代をピークに、女性ホルモンが減少して急激に減り始めます。皮脂は、お肌の乾燥を防ぐ、重要な働きがありますが、分泌量が減ると、水分が蒸発して、うるおいが失われて、お肌はがさがさになってしまいます。

さらに、お肌の内部で水分を蓄える働きがあるセラミドや天然保湿因子(NMF)の減少により、細胞間に隙間ができて、たくわえた水分が蒸発して、お肌のうるおいが失われてしまうのです。

乳液やクリームには、失われた油分を補い、お肌の深部にアンチエイジングケアに必要な成分を効果的に浸透させる働きがあります。乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの差だけなので、好みのタイプを選べば大丈夫です。

一般的には、クリームの方がより油分が多いので、乾燥肌が気になる場合は、クリームの方がいいかもしれません。また、乳液やクリームの成分は、刺激が少ないので、敏感肌の人でも安心して使るものも多くあります。

40代からのクリームに使われる成分

エイジングケア用のクリームは、色々な種類がありますが、お肌のトラブルを解消する成分を配合したものを選ぶといいでしょう。

セラミド
角質細胞間脂質に含まれている成分です。水分をたくわえていますが、加齢により減少します。人に近い、ヒト型セラミドは、より保湿力があります。
レチノール
40代からのお肌にぜひ欲しい成分です。体内で生成されるビタミンで、コラーゲンを増やして、シワやたるみなどを防いでくれます。
ナイアシン
刺激が少ないので、敏感肌でも安心して使える成分です。コラーゲンの生成を促して、お肌にハリと弾力を与えてくれます。

40代からの効果的なクリームの使い方

 

お手入れをする時は、おでこ・左右の頬・鼻の頭・顎の5か所にたっぷりとクリームを置き、優しくなじませていきます。使い方を間違えると、充分な効果が得られないだけでなく、お肌にもダメージを与えてしまいます。特に強くこすると、お肌の老化につながりますので気をつけましょう。

スキンケアの仕上げに不可欠!40代の保湿に最適なクリーム3選