化粧水の選び方

毎日のお手入れの必須アイテムの化粧水。加齢により減少した水分を補うには、欠かせない存在です。アンチエイジングケアには、どのような化粧水が適しているのでしょうか。化粧水が必要な理由と、40代からのお肌に必要な成分を調べてみました。

化粧水の役割=うるおいを与えてお肌の状態を整える

スキンケアの常識は、クレンジング→洗顔→化粧水→乳液→クリームの順でしたが、最近は保湿効果の高いクリームが増えてきたので、化粧水を省いてもOKと思っている方も多いのではないでしょうか。

いくら保湿効果の高いクリームでも、化粧水を飛ばすのはNGです。そもそもの化粧水の目的は、「皮膚にうるおいを与えて、お肌の状態を整える」ことです。化粧水を使わないと、洗顔と一緒に失われたうるおい成分を補うことができないのです。

肌の内側にある、うるおい成分のセラミドや、天然保湿因子(NMF)は、洗顔と一緒に流れてしまいます。それを、そのまま放置していると、お肌の表面を覆っている、角質層の水分が蒸発して、お肌が乾燥してしまいます。その、失われた水分を補給するのが、化粧水の役割りです。

40歳からの化粧水選びのポイント

40を過ぎたら、アンチエイジング効果の高い、水溶性の成分を配合している化粧水を選びましょう。効果が期待できる成分としては、水溶性のビタミンC誘導体や油溶性のセラミドやなどがあります。

水溶性の成分は、即効性があり、お肌に水分を補給してくれますが、持続性がなく、すぐに乾燥してきます。より高い保湿力を求める場合は、油溶性がおすすめです。油溶性はゆっくりとお肌に浸透していき、うるおいが長続きします。

40歳のお肌が喜ぶ化粧水の成分>

ヒアルロン酸
お肌の水分には欠かせない保湿成分です。水溶性の成分で、角質層に水分を与えて乾燥を防いでくれます。
ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性とがあり、衰えかけたお肌に働きかけて、シミ・しわ・たるみなどを改善する効果があります。
ナイアシン
水溶性のビタミンで、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があります。ビタミンC誘導体とコラーゲンの生成をサポートする働きがあり、ハリや弾力を取り戻して、シワを改善します。
アスタキサンチン
抗酸化作用のある天然色素です。アンチエイジング効果が高く、シミやシワ、たるみなどを防いでくれます。

化粧水の後はクリームでお肌の深部のうるおいを補う

洗顔後、化粧水をつけると、お肌に水分がいきわたり、角質層がうるおってきます。とはいえ、化粧水は深部まで浸透しないので、お肌の内側の保湿を求めるのはムリ。それを期待する場合は、化粧水で角質層をうるおした後、浸透力の高いクリームや乳液を使うといいでしょう。

化粧水の後に使いたい!40代の保湿クリーム3選